A3 | Audi(アウディ)のパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

A3

A3(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

A3(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディ A3スポーツバック・セダン(8V)2014年以降対応PMC664

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディ A3スポーツバック・セダン(8V)2014年以降対応PMC664

金額

16,524円(送料込)

  適合車種 AUDI A3/S3(2014y~)   製品詳細 バニティ・フロントルーム・グローブボックス・リアマップ    メーカー promina   

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》 【送料無料!】 Audi アウディA3/S3(8PC)2009年以降対応 PMC642

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》 【送料無料!】 Audi アウディA3/S3(8PC)2009年以降対応 PMC642

金額

24,300円(送料込)

●適合車種  AUDI A3/S3(2009y~) ●メーカー  Promina

■ 取り付け

数量:
購入する
《ABT アプト》フェンダーインサート 《S3装着可》Audi アウディ A3 Sportback/S3(8P8) 09年~

《ABT アプト》フェンダーインサート 《S3装着可》Audi アウディ A3 Sportback/S3(8P8) 09年~

金額

49,896円(送料込)

適合車種 Audi A3 Sportback/S3(8P8) 09年~ 製品詳細 《S3装着可》 フェンダー要加工 メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《ABT アプト》リアウイング《S-line車は装着不可》Audi アウディ A3 Sportback/S3(8P8) 09年~

《ABT アプト》リアウイング《S-line車は装着不可》Audi アウディ A3 Sportback/S3(8P8) 09年~

金額

43,999円(送料込)

適合車種 Audi A3 Sportback/S3(8P8) 09年~ 製品詳細 《S-line車は装着不可》 メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《ABT アプト》フロントスカート《S-lineは装着不可》Audi アウディ A3 Sportback/S3(8P8) 09年~

《ABT アプト》フロントスカート《S-lineは装着不可》Audi アウディ A3 Sportback/S3(8P8) 09年~

金額

90,040円(送料込)

適合車種 Audi A3 Sportback/S3(8P8) 09年~ 製品詳細 《S-line車は装着不可》 メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

A3について

A3は、ドイツの自動車メーカー「アウディ」が1996年から製造、販売しているCセグメントの乗用車です。アウディはフォルクスワーゲン傘下に入っていることから、MQBプラットフォームをゴルフと共用する形で生産されています。2代目までは3ドアと5ドアのハッチバックの2タイプ構成でしたが、3代目からは4ドアセダンも登場しています。初代A3は、1996年、アウディのエントリーモデルとして「小さな高級車」をコンセプトに誕生しました。1年遅れで発売されたゴルフとベースを共用していることから、エンジン縦置きのFF方式というアウディ独特のスタイルではなく、エンジン横置きのFF方式で一般的なスタイルで作られました。2代目A3は、2003年から2012年にかけて製造、販売されています。先代モデルと同様、メカニズムやシャーシ、エンジンなど、基本的な部分は同世代のフォルクスワーゲン・ゴルフを流用して作られています。ただし、フロントグリルはアウディらしさの見られるダブルグリルが採用されていました。3代目A3は、2012年ジュネーブショーで発表されたスポーツバックと、翌年から発売になったセダンの2タイプです。ボディサイズが拡大し、先代よりも室内と後部座席のスペースが広くなっています。また、MIMIが初めて標準装備され、サイドブレーキも電磁化されました。プラットフォームは、先代までと同様、ゴルフとMQBを共用しています。3代目になると、外観やインテリアの面で姉妹車ゴルフとの差がかなり減っています。しかし、細かい部分で、A3の方がゴルフよりも手間やコストのかかった1クラス上の作りになっています。また、「1.8TFSIクワトロ」の場合、街中を走っているときは4WDをあまり強く意識しなくてもよく、4WDに慣れていない人でも楽に走らせられます。後部座席やトランクの広さはこのクラスではトップクラスですから、スポーティさだけでなく、快適さも納得のシリーズです。