A6 | Audi(アウディ)のパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

A6

A6(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

A6(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Bセット》【送料無料!】Audi アウディ A6 アバント(4F)2009年以降対応PMC652

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Bセット》【送料無料!】Audi アウディ A6 アバント(4F)2009年以降対応PMC652

金額

25,272円(送料込)

  適合車種 Audi アウディ A6アバント(4F)(2009y~)   製品詳細 フロントカーテシ・グローブボックス・リアカーテシ・リアゲート・トランクルーム    メーカー promina

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Bセット》【送料無料!】Audi アウディ A6セダン(4F)2009年以降対応PMC651

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Bセット》【送料無料!】Audi アウディ A6セダン(4F)2009年以降対応PMC651

金額

19,440円(送料込)

  適合車種 Audi アウディ A6セダン(4F)(2009y~)   製品詳細 フロントカーテシ・グローブボックス・リアカーテシ・トランクルーム    メーカー promina

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディ A6セダン/アバント(4F)2009年以降対応PMC650

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディ A6セダン/アバント(4F)2009年以降対応PMC650

金額

27,216円(送料込)

  適合車種 Audi アウディ A6セダン/アバント(2009y~)   製品詳細 バニティ・フロントルーム・フロントマップ・リアマップ    メーカー promina

■ 取り付け

数量:
購入する
《ABT アプト》リアスポイラー【S-Line除く】Audi アウディ A6 (4G0) 11年~

《ABT アプト》リアスポイラー【S-Line除く】Audi アウディ A6 (4G0) 11年~

金額

82,782円(送料込)

適合車種 Audi A6 (4G0) 11年~ 製品詳細 S-Line除く メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《ABT アプト》フロントリップスポイラーAudi アウディ A6 (4G0) 11年~S-Line除く

《ABT アプト》フロントリップスポイラーAudi アウディ A6 (4G0) 11年~S-Line除く

金額

168,626円(送料込)

適合車種 Audi A6 (4G0) 11年~ 製品詳細 S-Line除く メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

A6について

A6は、ドイツの自動車メーカー「アウディ」が1994年から製造および販売を続けるEセグメントに属する乗用車です。アウディ・100の後継車種として登場したモデルで、セダンタイプとステーションワゴンタイプの「アバント」の2種類があります。初代は、1994年、アウディ・100のマイナーチェンジという形で誕生しました。そのため、大幅な変更は見られず、名称が100からA6と変わった程度でした。したがって、A6の独自性が表れ始めたのは、1997年のフルモデルチェンジ以降になります。1997年のフルモデルチェンジでは、搭載エンジンの種類が増え、1.8Lの直列4気筒から4.2LのV型8気筒まで計8種類になりました。ただし、発売当初日本に入ってきたのはそのうち2種類だけで、FFの2.4L、2.4Lクワトロ、2.7Lターボクワトロ、2.8Lクワトロ、3.0Lクワトロの日本でのラインナップが全て揃ったのは2002年のことです。2代目A6は、この1997年から2004年までのモデルを指しますが、当時4ドアセダンでは考えられなかった0.28というCd値を叩き出しています。また、デュアル&ヘッドレベルエアバッグやプリテンショナー付きシートベルトを初め、ABS、EDS、ESP といった数々の安全装置が全車に標準装備されていた点も注目されます。2005年から2011年にかけて製造、販売された3代目は、日本人デザイナー和田智氏が手掛けたことでも知られ、発売初年度には世界カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。4代目モデルは、2011年のデトロイトショーでの初披露後、4月には欧州での販売が開始されました。その後、7月までには右ハンドルの国でも随時販売が始まっています。4代目は、アルミと鉄を効果的に組み合わせることによって軽量化を図る「アウディ・ウルトラ・ライトウェイト・テクノロジー」を採用し、環境性能をアップさせている点が注目されます。エンジンも環境性能の高いものがラインナップされ、2012年にはハイブリット仕様も追加されました。