A8 | Audi(アウディ)のパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

A8

A8(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

A8(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Bセット》【送料無料!】Audi アウディ A8セダン(4EB)2009年以降対応PMC661

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Bセット》【送料無料!】Audi アウディ A8セダン(4EB)2009年以降対応PMC661

金額

22,356円(送料込)

  適合車種 Audi アウディ A8セダン(4EB)(2009y~)   製品詳細 フロントカーテシ・グローブボックス・リアカーテシ・リアゲート・トランクルーム    メーカー promina  

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディ A8セダン(4EB)2009年以降対応PMC660

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディ A8セダン(4EB)2009年以降対応PMC660

金額

29,160円(送料込)

  適合車種 Audi アウディ A8セダン(4EB)(2009y~)   製品詳細 バニティ・フロントルーム・フロントマップ・リアマップ・リアルーム    メーカー promina   

■ 取り付け

数量:
購入する
《ABTアプト》アウディA8(4H)11年以降生産用リアスポイラー

《ABTアプト》アウディA8(4H)11年以降生産用リアスポイラー

金額

122,666円(送料込)

老舗チューニングメーカーABT(アブト)のアウディA8用リアスポイラーです! ABTのリアスポイラーは洗練されたデザイン性と重厚感がある色合いで愛車の雰囲気が一変すること間違えなし! ABTのリアスポイラーをAudiA8に装着すれば、周りから注目されること間違いなし!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《アプト》Audi アウディ A8 (4H) 11年~【リアスカートセット(ロングボディ装着可)】

《アプト》Audi アウディ A8 (4H) 11年~【リアスカートセット(ロングボディ装着可)】

金額

426,157円(送料込)

適合車種 Audi A8 (4H) 11年~[ロングボディ装着可]ハイブリッド・S8・W12装着不可 製品詳細  <内容>リアスカート・エンドパイプ  メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

A8について

A8は、ドイツの自動車メーカー「アウディ」が1994年から製造、販売しているFセグメントに属する高級セダンです。V8の後継車種として登場し、日本では1995年から販売されています。5mを超えるラージクラスのボディを持ちながら、車体がオールアルミニウム製のため、それまでとは比べ物にならないほど大幅に軽量化されている点が特徴です。アルミニウム製のフレームにアルミニウム製のパネルを組み合わせる形で、全てをアルミニウム製にするという方法が取られており、それによって燃費効率と走行性が向上しています。日本では、1995年に4.2クワトロの1グレードのみで導入されました。後期モデルのV8に搭載されていた4,172cc V型8気筒DOHCエンジンを改良して搭載し、トランスミッションはティプトロニック付き4速ATが採用されていました。1997年には、3,696cc V型8気筒DOHCのFFモデルが追加され、それまでの4速ATが5速ATに変更されました。また、サイドエアバッグを標準装備にしたのもこの時期です。1999年のマイナーチェンジでは、3.7LのFFモデルを廃止し、4.2クワトロは、エンジンを32バルブから40バルブに増やし出力アップを図っています。目立つ外装の変更点は、バンパーの意匠で、ヘッドライトに付いていたフォグライトの位置がバンパーへ移っています。また、タイヤのサイズも変更となり、16インチが17インチになりました。なお、日本には輸入されていないモデルとして、2001年にドイツ本国で発売された6.0クワトロは、世界で初となるW型12気筒エンジンを搭載したモデルになります。2002年から2010年にかけて販売された2代目A8も、2003年10月、日本に導入された当初は、先代同様「4.2クワトロ」の1グレードのみでした。先代のエンジンを改良し、パワーアップしたものを搭載し、6速ATとなった点が特徴です。2004年になると、「3.7クワトロ」と、ロングホイールベースを採用した「4.2クワトロL」も追加ラインナップされています。2005年には、マイナーチェンジが行われ、W型の12気筒エンジンを搭載した「6.0クワトロ」「6.0クワトロL」が追加された一方で、「3.7クワトロ」が廃止され、その代わりにV型6気筒の直噴エンジンを搭載した「3.2FSIクワトロ」がラインナップに加わっています。更に2006年には、「4.2クワトロ」「4.2クワトロL」のエンジンもFSIが採用され「4.2FSIクワトロ」、「4.2FSIクワトロL」となります。ちなみに、この機に「6.0クワトロ」は廃止されています。2008年には2代目において2回目のマイナーチェンジが行われ、ヘッドライトやグリルの意匠が変更となっています。3代目は、2010年以降販売されている現行モデルで、「The Art of Progress」がコンセプトとなっています。そのため、これまで以上に流麗な外観を持ち、颯爽とした走りを実感できるモデルに仕上げられています。ドイツ本国ではディーゼル車も登場していますが、日本にはガソリン車のみが導入され、「3.0 TFSI クワトロ」「4.2 FSI クワトロ」「L 4.2 FSI クワトロ」の3グレードで販売が開始されました。2011年6月からは「L W12クワトロ」が追加ラインナップ。2012年には、「4.2 FSI クワトロ」「L 4.2 FSI クワトロ」のエンジンが変更となり、「4.0FSI クワトロ」「L 4.0 FSI クワトロ」となっています。