TT | Audi(アウディ)のパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

TT

TT(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

TT(Audi(アウディ)のパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《ABT》アウディTT/TTロードスター(8J)06年以降用フロントリップスポイラー(S-line/2010年以降装着不可)

《ABT》アウディTT/TTロードスター(8J)06年以降用フロントリップスポイラー(S-line/2010年以降装着不可)

金額

104,328円(送料込)

フロントリップスポイラー S-line/2010年以降装着不可 メーカー:ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディTT(8J)2009年以降対応 PMC641

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料!】Audi アウディTT(8J)2009年以降対応 PMC641

金額

18,468円(送料込)

●適合車種  Audi TT ●メーカー  Promina

■ 取り付け

数量:
購入する

TTについて

TTは、ドイツの自動車メーカー「アウディ」が、1998年から製造および販売を続けているスポーツカーで、クーペとロードスターの2タイプが存在します。車名のTTは、イギリスのレースイベント「ツーリスト・トロフィー」の略称に由来します。初代TTは、同社のA3yaフォルクスワーゲン・ゴルフとプラットフォームを共用して生産され、1998年にクーペタイプのみで販売が開始されました。その後、2000年からはTTロードスターが加わり、クーペとロードスターの2ラインナップになっています。プレミアムスポーツを強く演出するインテリアと、丸みを帯びたエクステリアが特徴的ですが、初期には、このスタイルが超高速走行時に過大なリフトを起こさせ、横転事故が多発する原因にもなりました。そのため、販売済みの車両に関してはリコールとなり、リアスポイラーの追加や、サスペンションの交換が無償で行われました。日本へ輸入されたモデルは、最初左ハンドルにMTという組み合わせのみでしたが、後期には逆に、右ハンドルにATという組み合わせのみになっています。2代目は、2006年、先代TTのフルモデルチェンジで登場しました。2代目も、A3やゴルフとプラットフォームを共用して作られている点では同じですが、TTは、7割をアルミ製にしたスポーツカー仕様のアウディ・スペースフレームテクノロジーを採用したボディになっており、100kg近い軽量化を実現した上に、ねじれ剛性も従来のものよりはるかに向上しています。なお、残り3割に当たる鉄製の素材は、衝突時の安全と重量バランスを考慮して、ドアと車体後部にまとめて使われています。また、初代モデルで問題となった超高速走行時のリフト、横転に備え、時速120kmを超えると自動的に作動する電動格納式リアスポイラーを装着し、ボディ底面がよりフラットになっています。更に、オプションとして、アウディ車として初めて、マグネティックライドを採用。日本仕様では標準装備されています。