ベントレーのパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

ベントレーのパーツ一覧

頭文字を選択してください
日本語
英語
下線

ベントレーのパーツ一覧について

ベントレーは、かつてイギリスの高級スポーツカーブランドとして世界的にも名前が知られていました。しかし、1998年以降は、ドイツのフォルクスワーゲンの傘下に入り、同グループの高級車およびスポーツカーブランドとして製造、販売されています。創業は1919年。イギリスのロンドンで、ウォルター・オーウェン・ベントレーによって、ベントレーモーターズとして設立されました。1924年〜1930年の6年間で、ル・マン24時間レースにおいて5度の優勝を飾るなど、カーレースでその名を知らしめ、高性能なスポーツカーを作るメーカーとして世界中の富裕層に愛されました。しかし、1920年代後半は、世界恐慌の影響で経営状態が悪化していたため、直後の1931年、ロールス・ロイス社に買収され、レース活動からも撤退を余儀なくされました。創立者のウォルター・オーウェン・ベントレーは、1935年にはラゴンダへ移籍し、その後、ラゴンダごと買収され、アストンマーチンで設計を担当することになります。そのため、ベントレーは、1971年にロールス・ロイスが倒産するまで、ロールス・ロイスオーナーのためのスポーツカーブランドという位置づけになりました。1971年に、ロールス・ロイスが倒産した後は、イギリスにおいて国有化され、1973年には自動車部門だけがヴィッカースに売却されることになりました。しかし、1998年にはヴィッカースもベントレーを含むロールス・ロイスをドイツのフォルクスワーゲンに売却。その後、ベントレーだけをフォルクスワーゲン傘下に残し、ロールス・ロイスについてはBMWに権利が移動することになりました。なお、2004年発売の2ドアクーペ「コンチネンタルGT」には、フォルクスワーゲン・フェートンと同一のパーツが数多く使われており、パーツの共有化によって、生産効率の向上が図られています。2002年には、イギリスのエリザベス2世の即位50周年を祝い、ベントレー・ステート・リムジンが王室に進呈されました。既にドイツの資本が入った後でしたが、現在でもイギリスにおいて愛されているブランドであることが伺われます。