CLKクラス | メルセデス・ベンツのパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

CLKクラス

CLKクラス(メルセデス・ベンツのパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

CLKクラス(メルセデス・ベンツのパーツ一覧)に合うパーツ一覧

メルセデスベンツAMGCLKクラスW208・W209用CLK55リアエンブレム

メルセデスベンツAMGCLKクラスW208・W209用CLK55リアエンブレム

金額

10,243円(送料込)

リアエンブレム メーカー:メルセデスベンツAMG

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料中!】MERCEDS-BENZ(メルセデス・ベンツ)CLKクラス(W209)後期PMC691

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料中!】MERCEDS-BENZ(メルセデス・ベンツ)CLKクラス(W209)後期PMC691

金額

32,076円(送料込)

適合車種 CLKクラス(W209)後期 製品詳細 バニティ・フロントルーム・フロントマップ・フロントカーテシグローブボックス・リアルーム・トランクルーム メーカー promina

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《スマートトップ社》メルセデスベンツCLKクラスW207用バリオルーフコンフォートシステム

《スマートトップ社》メルセデスベンツCLKクラスW207用バリオルーフコンフォートシステム

金額

62,676円(送料込)

メルセデスベンツCLKクラスW207用バリオルーフコンフォートシステムは、ドイツのスマートトップ社が生産しているバリオルーフの開閉システムです。バリオルーフコンフォートシステムを使用すると、走行中でもバリアルーフの開閉ができる画期的商品です!時速40kmまでならワンタッチで開閉ができるので、走行中の突然の雨にもラクラク対応できます!また、バリオルーフコンフォートシステムは、純正キーの開閉ボタンをご使用いただける優れものです!

■ 取り付け

■ 塗装

数量:
購入する
《AUTBAHN アウトバーン》メルセデスベンツCLKクラス02/04~09/04生産右ハンドル用ドレスアップサイドミラー

《AUTBAHN アウトバーン》メルセデスベンツCLKクラス02/04~09/04生産右ハンドル用ドレスアップサイドミラー

金額

21,600円(送料込)

AUBAHNの広角ミラーを使用すると今まで見づらかったメルセデスベンツCLKクラスのサイドミラーの視野を広げてくれるアイテムです! サイドミラーが使いにくと感じる人にはアウトバーンのドレスアップミラーがおすすめです。 アウトバーンの広角ミラーはブルー、ライトブルー、シルバー、ゴールドの4種類あるから視野を広げるのはもちろん、CLKクラスをカスタマイズも可能です!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《AUTBAHN アウトバーン》メルセデスベンツ CLKクラスW209左ハンドル用ドレスアップサイドミラー

《AUTBAHN アウトバーン》メルセデスベンツ CLKクラスW209左ハンドル用ドレスアップサイドミラー

金額

21,600円(送料込)

AUBAHNの広角ミラーを使用すると今まで見づらかったメルセデスベンツCLKクラスのサイドミラーの視野を広げてくれるアイテムです! サイドミラーが使いにくと感じる人にはアウトバーンのドレスアップミラーがおすすめです。 アウトバーンの広角ミラーはブルー、ライトブルー、シルバー、ゴールドの4種類あるから視野を広げるのはもちろん、CLKクラスをカスタマイズも可能です!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

CLKクラスについて

CLKクラスは、ドイツの自動車メーカー「ダイムラー」が1997年から2008年にかけてメルセデス・ベンツブランドで販売していたミドルサイズの2ドアクーペおよびカブリオレです。CクラスのW210、W211と同じプラットフォームが用いられていますが、デザインや搭載エンジン、設定価格などはどちらかと言うとEクラスのW210やW211に近く、そのため、日本仕様のEクラスにはラインナップされなかった排気量の小さいグレードがCLK200、CLK200コンプレッサーという形で設定されています。初代CLKは、1997年に登場したC208型(クーペ)およびA208型(カブリオレ)です。それぞれ4人乗りで、カブリオレにはソフトトップが採用されていました。トランスミッションは全グレード5速ATで、駆動方式はFFが採用されていました。日本には、1997年、クーペスタイルの「CLK200」「CLK320」が導入され、翌年の1998年、高性能エンジンを搭載した「CLK320 AMG」とカブリオレタイプの「CLK320 カブリオレ」が追加ラインナップされました。その翌年1999年には、マイナーチェンジが行われ、全グレード一斉に内装がランクアップして仕様がアバンギャルドになりました。2000年には、それまでの「CLK320 AMG」を廃し、5.4LV型8気筒SOHCを搭載した「CLK55 AMG」と2.0Lのスーパーチャージャー付き直列4気筒DOHCを搭載したに「CLK200コンプレッサーアバンギャルド」を新設しています。更に、2001年には、、「CLK320アバンギャルド」にメルセデスAMG社自慢のエアロパーツやアルミホイールなどを搭載したモデル、「CLK320 スポーツライン」がラインアップに追加されました。フルモデルチェンジにより2代目となったのは、2002年。C209型(クーペ)およびA209型(カブリオレ)が2008年まで製造、販売されました。当初は「CLK240」と「CLK320」だけのラインナップでしたが、翌年の2003年には「CLK320 カブリオレ」と直列4気筒エンジン搭載の「CLK200 コンプレッサー」およびAMG仕様の「CLK55 AMG」が追加されています。そして、2005年には全てのグレードで内装がワンランク上のアバンギャルドが採用されました。また、直列6気筒エンジンを搭載したモデル「CLK240」「CLK320」を廃止し、代わりに新型の272V型6気筒を搭載したモデルに統一する形で「CLK350アバンギャルド」が登場し、カブリオレタイプも、「CLK320 カブリオレ」を廃止し、「CLK350 カブリオレ」となりました。更に「CLK55 AMG カブリオレ」も登場しています。2006年には、Eクラスのモデルチェンジに合わせて「CLK55 AMG」「CLK55 AMG カブリオレ」が廃止され、代わりに「CLK63 AMG」と「CLK63 AMG カブリオレ」が追加ラインナップしました。なお、2009年には、「Eクラスクーペ」「Eクラスカブリオレ」に名称が戻り、このクラスは廃止されています。