XJ 358 | ジャガーのパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

XJ 358

XJ 358(ジャガーのパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

XJ 358(ジャガーのパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《WALD ヴァルド》 ブラックバイソンキットプライス 《3点キット》ジャガーXJ X358

《WALD ヴァルド》 ブラックバイソンキットプライス 《3点キット》ジャガーXJ X358

金額

349,920円(送料込)

適合車種 ジャガーXJ X358 製品詳細 《3点キット》3点キット内訳《F・S・R》●FRONT BUMPER SPOILER(LEDランプ、ネット付属。(写真はオプションネットを装着しています)●SIDE STEP(ショート用)●REAR BUMPER SPOILER (LEDランプ、ネット付属。(写真はオプションネットを装着しています) メーカー WALD

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《WALD ヴァルド》 ブラック バイソントランクスポイラージャガーXJ X358

《WALD ヴァルド》 ブラック バイソントランクスポイラージャガーXJ X358

金額

47,844円(送料込)

適合車種 ジャガーXJ X358 メーカー WALD

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《WALD ヴァルド》 ブラックバイソンルーフスポイラー ジャガーXJ X358

《WALD ヴァルド》 ブラックバイソンルーフスポイラー ジャガーXJ X358

金額

47,844円(送料込)

適合車種 ジャガーXJ X358 メーカー WALD

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《WALD ヴァルド》 ブラックバイソンフェンダーパネル 《LEDウインカー付属・貼付けタイプ・前期用》 ジャガーXJ X358

《WALD ヴァルド》 ブラックバイソンフェンダーパネル 《LEDウインカー付属・貼付けタイプ・前期用》 ジャガーXJ X358

金額

78,678円(送料込)

適合車種 ジャガーXJ X358 製品詳細 LEDウインカー付属・貼付けタイプ・前期用 メーカー WALD

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《WALD ヴァルド》 ブラック バイソンミラーカバー 《LEDウインカー付属・カバー交換タイプ・前期用・要加工》ジャガーXJ X358

《WALD ヴァルド》 ブラック バイソンミラーカバー 《LEDウインカー付属・カバー交換タイプ・前期用・要加工》ジャガーXJ X358

金額

61,128円(送料込)

適合車種 ジャガーXJ X358 製品詳細 LEDウインカー付属・カバー交換タイプ・前期用・要加工 メーカー WALD

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

XJ 358について

XJシリーズはインドのタタ・モーターズ傘下にあるイギリスの高級車ブランド「ジャガー」の車種の1つで、特にXJ358はXJシリーズの中でジャガーらしいスタイルを貫いた最後のモデルとして知られています。と言うのも、XJ358は同時期に販売されていたX350とは異なり、レトロな雰囲気を持つジャガー特有のフォルムに、丸みを帯びた4灯を配したジャガー伝統を守ったスタイルになっているからです。XJシリーズは、Fセグメントに属するジャガーブランドの高級セダンで、1968年にそれまでの主力モデルであった420や420Gに代わる新たな高級サルーンとして開発されたモデルです。そのXJシリーズのうち3代目に当たるX350系の中でも、2007年にマイナーチェンジにより外観のデザインを伝統のスタイルに戻したものがXJ358になります。フロント、リア共にバンパーの形状を見直し、よりスポーティな外観に仕上げています。また、フロントのフェンダー側面に、サイドエアベントを設けたのも特徴になっています。昨今のXJシリーズは、オールアルミ製のボディよって車体が軽くなっており、重厚な見た目に比べ、軽快な走りが可能になっています。また、インテリアは適度なタイトさでXJらしさが盛り込まれた作りになっています。高級感あふれるウッドとレザー素材の中に、さりげなくメッキパーツをはめ込んであるため、派手になりすぎず品の良さが感じられるのもXJならではの魅力です。2009年にフルモデルチェンジされ、4代目XJシリーズに移行するまでのわずか2年間だけ製造、販売されたモデルですが、伝統的なジャガーテイストを好むオーナーも多く、程よくスポーティでありながら気品が感じられるデザインにより、自らが運転する高級車として人気を保った車種の1つです。かつてのスチールボディを思わせる重厚感を持ちながらも軽快な走りを味わえる点から、販売が終了した現在でも多くのファンが存在するモデルです。