ケイマン981 | Porshe(ポルシェ)のパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

ケイマン981

ケイマン981(Porshe(ポルシェ)のパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

ケイマン981(Porshe(ポルシェ)のパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用エアチャンネルトリム

《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用エアチャンネルトリム

金額

52,488円(送料込)

ポルシェ老舗チューニングメーカー「TECHART」のエアチャンネルトリムになります! テックアートは、ポルシェ全般のチューニングパーツに精通しており、そのデザイン性の高さは海外でも常に注目を集めています。 そんなテックアートからポルシェケイマン987用のエアチャンネルトリムが販売されました!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用リアディフューザーパネル

《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用リアディフューザーパネル

金額

96,422円(送料込)

ポルシェ老舗チューニングメーカー「TECHART」のリアディフューザーパネルになります! テックアートは、ポルシェ全般のチューニングパーツに精通しており、そのデザイン性の高さは海外でも常に注目を集めています。 そんなテックアートからポルシェケイマン987用のリアディフューザーパネルが販売されました!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用リアスポイラー

《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用リアスポイラー

金額

122,072円(送料込)

ポルシェ老舗チューニングメーカー「TECHART」のミラーカバーになります! テックアートは、ポルシェ全般のチューニングパーツに精通しており、そのデザイン性の高さは海外でも常に注目を集めています。 そんなテックアートからポルシェケイマン987用のリアスポイラーが販売されました!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用ミラーカバー

《TECHARTテックアート》ポルシェケイマン981用ミラーカバー

金額

26,838円(送料込)

ポルシェ老舗チューニングメーカー「TECHART」のミラーカバーになります! テックアートは、ポルシェ全般のチューニングパーツに精通しており、そのデザイン性の高さは海外でも常に注目を集めています。 そんなテックアートからポルシェケイマン987用のミラーカバーが販売されました!

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

ケイマン981について

ケイマンは、ドイツの自動車メーカー「ポルシェ」が2005年から製造、販売している2シーターのスポーツカーで、同社のオープンカー「ボクスター」のクーペモデルです。そのため、半数以上の部品をボクスターと共用して作られています。なお、ケイマンという名前は、ケイマン諸島に生息するワニの一種「ケイマン」に由来します。981とは、ケイマンシリーズのうち、2013年から製造、販売されている2代目モデルの型番です。ボクスターが987型から981型となったことに伴い、約1年遅れる形でケイマンも新型モデルになりました。型番が同じことから、ケイマンがボクスターの派生車種であることがよくわかります。2代目モデルである981型ケイマンが初披露されたのは、2012年11月のロサンゼルスモーターショーでした。「ケイマン」と「ケイマンS」の2モデルが展示され、年内には予約での受注が始まりました。ボクスターが911の991型と多くの共通部分を持つ分、当然ケイマンもボクスターだけでなく、911とも共通する部分を多く持っています。しかし、フロントから見た雰囲気は先代の987の方が911に近く、981になってポルシェらしさが薄れたという声も聞かれました。とは言え、リアからの見た目はやはり991によく似ており、ポルシェらしさは後姿に強く表れています。「ケイマン」と「ケイマンS」の違いは、主に搭載エンジンの違いで、ケイマンは2.7Lの水平対向エンジンを搭載するタイプ、一方、ケイマンSは3.4Lエンジンを搭載するタイプです。どちらも6速MTか7速PDKを選ぶことができ、ハンドルも右、左選ぶことができます。7速PDKのPDKとは「ポルシェ・ドッペルクップルング」の略で、オートマチックとマニュアル2つのモードを切り替え、それぞれの特徴を活かしたドライビングを楽しめるシステムです。本来別々のクラッチで選択される2種類ギアを1つに集約したような作りとなっており、片方のギアが作動している間も、次のギアがすぐに繋がる状態で待機しているため、クラッチが切れたら瞬時に次のギアが作動する仕掛けになっています。このシステムを導入することにより、加速性能が飛躍的にアップしました。