ビートル | フォルクスワーゲンのパーツ一覧|パーツ・エアロ・マフラー通販ならパーツプロジェクト

利用規約・プライバシーポリシー

特定商取引法

ログイン
ログイン
Myページ
新規会員登録
カートを見る
お詫び文章
見出し

ビートル

ビートル(フォルクスワーゲンのパーツ一覧)に合うパーツメーカー一覧

ビートル(フォルクスワーゲンのパーツ一覧)に合うパーツ一覧

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料中!】VOLKS WAGEN(フォルクスワーゲン)NEW BEETLE(カブリオレ除く)2006年以降 PMC615

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料中!】VOLKS WAGEN(フォルクスワーゲン)NEW BEETLE(カブリオレ除く)2006年以降 PMC615

金額

19,440円(送料込)

適合車種 NEW BEETLE(カブリオレ除く)2006年以降 製品詳細 バニティ・フロントルーム・グローブボックス・リアルーム・トランクルーム メーカー promina

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料中!】VOLKS WAGEN(フォルクスワーゲン)THE BEETLE(カブリオレ除く)2014年以降PMC630

《promina プロミナ LED COMPELETE INSTALLS SET Aセット》【送料無料中!】VOLKS WAGEN(フォルクスワーゲン)THE BEETLE(カブリオレ除く)2014年以降PMC630

金額

13,608円(送料込)

適合車種 THE BEETLE(カブリオレ除く)2014年以降 製品詳細 バニティ・フロントルーム・トランクルーム メーカー promina

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《アプト》ライセンスプレートインサートカーボンルックVW The Beetle 2012年~

《アプト》ライセンスプレートインサートカーボンルックVW The Beetle 2012年~

金額

33,264円(送料込)

適合車種 VW(フォルクスワーゲン)ビートルDBA-16C 2012年~ メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《アプト》テールランプカバーVW フォルクスワーゲンThe Beetle (ビートル)2012年〜

《アプト》テールランプカバーVW フォルクスワーゲンThe Beetle (ビートル)2012年〜

金額

22,572円(送料込)

適合車種 VW(フォルクスワーゲン)ビートルDBA-16C 2012年~ メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《アプト》ヘッドランプカバーVW フォルクスワーゲンThe Beetle (ビートル)2012年〜

《アプト》ヘッドランプカバーVW フォルクスワーゲンThe Beetle (ビートル)2012年〜

金額

22,572円(送料込)

適合車種 VW(フォルクスワーゲン)ビートルDBA-16C 2012年~ メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《アプト》フォルクスワーゲンThe Beetle(DBA-16C)5C0【リアスカートセット】

《アプト》フォルクスワーゲンThe Beetle(DBA-16C)5C0【リアスカートセット】

金額

232,114円(送料込)

適合車種 VW(フォルクスワーゲン)ビートルDBA-16C 2012年~2.0TSI専用 メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する
《アプト》フォルクスワーゲンThe Beetle【リアスカートセット ※1.2TSI専用】

《アプト》フォルクスワーゲンThe Beetle【リアスカートセット ※1.2TSI専用】

金額

232,114円(送料込)

適合車種 VW(フォルクスワーゲン)ビートルDBA-16C 2012年~1.2TSI専用 メーカー ABT

■ 塗装

■ 取り付け

数量:
購入する

ビートルについて

ビートルとは、ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」の小型車Type 1に付けられた愛称です。1938年から2003年まで半世紀以上にも渡り生産され続け、四輪車としては世界最多の21,529,464台という累計生産台数を記録した、世界的な大衆車です。1920年代から1930年代にかけて、フォルクスワーゲンでは、性能のよい小型大衆車を設計することが課題となっていました。長年の課題であったそのプランが実現するのは、1933年、ナチ党党首アドルフ・ヒトラーがドイツ首相に就任したことに大きく関係しています。と言うのも、ヒトラーが国力を高める政策の中で、優秀な小型大衆車を民間に広めようと、量産体制を整備したからです。ビートルの誕生は1938年。ビートルが世界の自動車市場で長きに渡りトップレベルの競争力を発揮できた陰には、ヒトラーのこの政策があったと言わざるを得ません。ただし、第二次世界大戦が勃発したために、民間用の車両としての大量生産は実現せず、軍用に用いられることとなり、製造工場も終戦までに空襲によって壊滅的な被害を受けました。しかし、幸いなことに、戦後フォルクスワーゲンの工場を管理することになったのが、性能の良い小型自動車の必要性に理解を示していたイギリス軍将校のアイヴァン・ハーストで、その尽力により工場は復旧。早くも1945年から本格的な生産を再開することができました。更に、最高経営者に就任したハインリヒ・ノルトオフが国外への輸出に力を入れたことから、1950年代以降1970年代にかけてビートルは世界的な大人気車種として成功を収めることになります。ビートルは今でも高い人気を誇る車種ですが、排ガス規制の厳しいヨーロッパやアメリカなどでは、1978年に既にドイツでの生産が終了していた従来のビートルは登録することができなくなっています。そのため、ビートルのデザインをモチーフとした「ニュービートル」を1998年〜2010年にかけ製造、販売しました。なお、現在発売中のものは、2011年から製造、発売されている「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」です。